ウェブサイト管理者・コンテンツプロバイダ向け情報 このページを印刷する

こちらでは、フィルタリングを考慮したサイトの作り方や技術情報、コンテンツプロバイダ向けの情報を公開しています。PC・携帯向けのウェブサイト運営・制作やコンテンツ提供の際にご活用ください。

なお、スマホ(スマートフォン)向けアプリフィルタリング関するアプリ開発者・コンテンツプロバイダ向けの情報はこちらをご覧ください。

ウェブサイト管理者・コンテンツプロバイダ向けのよくある質問一覧はこちら

フィルタリングの成り立ちと事業者の役割
多様なサイトやコンテンツを誰でも自由に公開することができるのは、インターネットの大きな魅力の一つです。多くの人々が、パソコンや携帯電話でインターネットに接続することで、新たな楽しみを見つけたり、経済的な利益を得たりすることができるようになっています。
しかしテレビや雑誌などの従来のメディアとは異なり、インターネットには特定の流通経路での自主的な管理や、包括的な法的規制などが存在していないため、コンテンツが「必要なものか、不要なものか」「安全なものか、危険なものか」などについては、利用者が自らの責任で判断する必要があります。
インターネットの拡大につれて、こうした判断の手間が大きくなってきたため、これを手助けし、時には違法な情報や悪意のあるサイトから身を守るために、また教育現場や職場でのインターネット利用効率を上げるために、フィルタリングという考え方が生まれました。
現在でも、ネットスターをはじめとするフィルタリング事業者は、それぞれのお客様にとってのインターネット利用にまつわる不安点や心配ごとを幅広く把握した上で、それらに該当するサイトやコンテンツを数多く集め、利用しやすいようにカテゴリ分類をしたリストとして提供しています。個々のサイトやコンテンツの閲覧を規制するかどうかは、そのリストのカテゴリから選択したり、または個別にサイトを指定したりすることで、フィルタリングソフトやサービスの利用者が最終的に決定しています。
フィルタリングという技術では、専門事業者と利用者が役割分担をすることにより、インターネットの魅力である、発信者にとっての自由を損なうことなく、利用者側も選択的な受信の自由を行使することが可能になっているわけです。
携帯電話のフィルタリングサービスでのネットスターの役割
携帯電話各社のフィルタリングサービスには、パソコン用のフィルタリングと異なる点がいくつかあります。 フィルタリングサービス全体の設計・構築・運用はそれぞれの携帯電話事業者が行い、実際のフィルタリングに必要な、「カテゴリ分類済みのURLリスト」の提供はネットスターが行っているという役割分担も、その一つです。
そしてネットスターが提供するURLリストに含まれるたくさんのカテゴリから、どれを閲覧規制の対象とするのかは、携帯電話事業者各社が独自に選択しています。
ネットスターのURLリストを使われている携帯電話のフィルタリングサービス
携帯電話のフィルタリングサービスは、ホワイトリスト方式とブラックリスト方式の2つに分かれます。このうち、ネットスターのURLリストはブラックリスト方式に使われています。

このうち携帯事業者提供リスト方式(いわゆるホワイトリスト方式)で用いられるリストの作成は、その名の通り、それぞれの携帯電話事業者が自ら行っています。一方、特定分類アクセス制限方式(いわゆるブラックリスト方式)を採用するサービスについては、現在すべての携帯電話事業者がネットスターのURLリストを利用しています。

  ブラックリスト方式 ホワイトリスト方式
NTTドコモ iモードフィルタ
(サービスメニューの詳細)
キッズiモードフィルタ
KDDI EZ安心アクセスサービス・
特定カテゴリ制限コース
EZ安心アクセスサービス・
接続先限定コース
ソフトバンクモバイル ウェブ利用制限 Yahoo!きっず
ウィルコム 有害サイトアクセス制限サービス なし
イー・モバイル Webアクセス制限 なし
カテゴリ分類の詳細

ネットスターが携帯電話のフィルタリングサービス向けに提供しているカテゴリについては下記ページにてご確認ができます。

ネットスターフィルタリングカテゴリ一覧 (総合カテゴリ:NTTドコモ、KDDI、ウィルコム、イー・モバイルのフィルタリングサービス向け)
ネットスターフィルタリングカテゴリ for Kids 一覧 (家庭向けカテゴリ:ソフトバンクモバイルのフィルタリングサービス向け)

ネットスターが携帯電話のフィルタリングサービスに提供しているカテゴリの中で、各携帯電話事業者が具体的にどのカテゴリを規制対象と選んでいるかについては、携帯電話事業者ごとに異なります。そのため、同一のサイトでも、携帯電話A社のフィルタリングサービスでは閲覧可能だがB社のサービスでは規制される、などの現象が起きる場合があります。
具体的な規制対象カテゴリ名については、それぞれ最新の情報が公開されていますので、各社のウェブサイトにてご確認ください。

なお、ネットスターが提供するURLリストが使われていない「携帯事業者提供リスト方式(いわゆるホワイトリスト方式)」のフィルタリングサービスについては、概ね各携帯電話事業者の公式サイトから成人向けコンテンツ等を除いたものがアクセス可能となっています。ただしこちらも携帯事業者によって、基準等が異なります。詳細については、各携帯電話事業者まで直接お問い合わせください。

ご自身が管理・運営なさるサイトのカテゴリ分類を確認する方法
当該サイトが規制対象になるかどうかは各携帯電話事業者によって異なります。しかし、どのカテゴリに分類されているのかは、本サイト内の「調べる:ウェブサイトのカテゴリ登録を確認」ページにてご確認ができます。
ただし、当該サイトが最終的に閲覧規制の対象になっているかどうかは、各携帯電話事業者のフィルタリングサービスによって異なります。各社サイトに公開さ れている、規制対象カテゴリ一覧とあわせてご覧ください。
その他、カテゴリ分類についてご不明の点については、こちらからお問い合わせください。
なお、お問い合わせの内容によっては、弊社からの返信が行えない場合があります。 また、お電話ではお問い合わせの受付けはしておりません。予めご了承ください。
よくある質問